お墓の違い

故人の葬儀を行ったら火葬をして遺骨を埋葬する必要がありますが、基本的にお墓以外の場所に埋葬をすることは法律でも禁止されています。現在はお墓と納骨堂に納めることができますが、それぞれにはいくつかの違いがあります。通常お墓では遺骨の埋葬を行ないますが、納骨堂では遺骨の埋葬をせずに骨壷を預けます。またお墓には遺骨の数に制限がありませんが、納骨堂では制限が設けられています。納骨堂は現在故人の埋葬をする場所となっていますが、以前は骨を一時的に保管する場所として利用されていました。お墓よりもリーズナブルな値段で利用することができることからお墓よりも納骨堂を利用する人が増えてきています。納骨堂は約30万円から購入することができますが、お墓になると100万円以上になることもあります。

納骨堂では永代供養をすることができますが、その種類も納骨堂型や納骨塔型、納骨陵型などに分かれています。このように様々な種類があるため、納骨堂探しをするときにはまず種類を把握しておくことが大切です。納骨堂は定期的に管理費を支払うことでずっと利用していくことができます。期間や供養方法なども納骨堂の種類によって異なるため、まずは専門業者へ依頼してから検討をすると良いです。インターネットからでも納骨堂の種類を見ることができるので、それぞれの納骨堂を比較してどのお墓にするのか検討することができます。インターネットや電話などから無料相談をすることも可能です。