お墓以外の方法

散骨をしてくれる業者も増えてきました

自分の死後、お墓に入りたくないと考えている方は意外に多いようです。特に、夫方の先祖代々のお墓に入ることへ抵抗を持つ奥様がとても多くいます。 そのため自分用にお墓を買う方もいますが、散骨という手段も増えているようです。散骨の大きなメリットとしては、残された家族の負担が少ないことにあります。お墓が存在すれば、家族は管理や供養をしなければなりません。遠方にいてそれが難しい方も多いことでしょう。そんな時にはこのようなスタイルも有効な選択肢であると言えます。 散骨は自分で行えばほとんどお金はかかりません。しかし、遺骨を撒くのは違法となり、遺骨は粉末の遺灰に粉砕しなければなりません。 この作業を自分でやるか業者に依頼するかで、金額は変わって来ます。

後継者の事情も考慮した供養の方法を選択する

散骨を業者に依頼した場合、遺骨の粉砕だけなら数万円でできるようです。このような業者は依頼者の希望に合わせて様々なプランを立てている所もたくさんあります。海に散骨する場合などは船のチャーターも含めたプランが見積れるようになっていて、一般的なセレモニースタイルのような演出も可能です。 全ての遺骨を散骨するかも選べるので、きわめて自由度も高いでしょう。 従来は先祖代々伝わるお墓に入るということが当然の流れでしたが、葬儀のスタイルも様々であると同時に供養の方法も色々な手段を選べるようになって来ています。 そこには核家族化の増加であったり、現在の生活スタイルの変化が伴っていると思います。自由な選択肢があるからこそ、今のうちにこの先のことを真剣に考えてみるのも良い機会かもしれません。